沖縄の「北名城ビーチ」は夕日が綺麗な最高すぎる無料キャンプ場!!

キャンプ場
こんにちは、ジュリです!!

今沖縄でキャンプ生活をしています。

最高でしかないこの生活、人によっては最悪な生活だと思いますが、毎日波の音を聞きながら寝て、朝もテントから出たら海。

曇り空だったり、強風だったりして毎日ベストコンディションではないですが、火を起こしてご飯作って、たまに釣りに出かけて、もちろんちょっとだけ観光にも行って。

本当に沖縄まで来て何してるんだと言う感じですが(笑)この上ない贅沢です。

只今2ヶ所目のキャンプ場ですが、今日は最初にお世話になった1ヶ所目のキャンプ場の紹介です。

もちろん無料!!

北名城(きたなじょう)ビーチ

そもそもキャンプ場なのか良く分かりませんが、綺麗なビーチにたくさんキャンパーがいました。

ソロキャンパーの方から、大学生のグループ、もちろんファミリーも。 泊まりではなく日帰りでBBQをやってるグループも結構いました。

また、釣りをやってる人もちらほらいましたが、釣れてる様子はなし笑。
最近釣りをはじめましたが、釣れない釣りは相当つまらないことに気づきました笑。

トイレ・炊事

トイレは水洗で綺麗!!トイレットペーパーもたくさん予備が置いてあり安心。
電気はないので、夜は電気必須です。

ただ炊事場がないので、トイレの手洗い場で食器などは洗う感じです。
注意書きなどもなく、地元の方もそうされてたので特に問題はなさそうです。

特徴

▲海沿いは日陰がないです。

▲海に背を向けてちょっと奥まると木陰になってます。

でも、ここに良く来ると言うキャンパーの方が、海沿いにヤシの木を植えてました。
こっち側は日陰がないから大変でしょ、って。4、5年で大きくなるそう。

▲そこでちゃっかりソーラー充電笑。

ここにヤシの木あったらまた雰囲気も違って、いい感じそう!!

 

ちなみにこのソーラーライトはコンパクトになるので重宝してます。


MPOWERD LUX エムパワード ラックス 暖色インフレータブルLEDソーラーランタン

 

また、奥の方に行くと人が住んでます。
私たちはタープなしで海沿いに陣取ってしまったので、晴れた日は奥の方まで行ってのんびりしたりもしました。

▲この写真でカーブした向こう側ぐらいはまさに貸切で最高でした。

天気が良ければ本当に幸せな時間です。

▲自分たちのテントを右後ろに、木陰で調理。

 

▲釣った魚をビーチで捌けるのも嬉しい!!よくわからんけど、やってたらできた!笑

火おこしの燃料となるものはそれなりに落ちてるので、調達できます。
でも海沿いなのでちょっと湿気り気味。

 

▲また、車をすぐ横付けできるのも嬉しいポイント。

駐車場とテント張る場所が離れてると結構面倒ですからね。

10月末に行って、泊まりのグループは5〜10組といった感じでした。

場所

住所:沖縄県糸満市名城960(緑のテントピン)

施設情報

期間:年中OK
予約:不要
車乗り入れ:可能
地面:砂
ゴミ捨て:不可
近くの温泉:龍神の湯(車で20分)平日1330円/土日1540円
近くのスーパー:かねひで真栄里店(車で8分)

沖縄には温泉が少ないのがネックです。 正確にはあるんですけど、高い!!

▲今回行った龍神の湯は、瀬長島のウミカジテラスに入っててめちゃくちゃ良かったんですけど結構なお値段。

でも久しぶりにリフレッシュできて幸せでした。

▲ホテルに併設された温泉なので、キャンパーには恐れ多い感じになってます笑。

平日と土日で料金が違うので、もし調節できる方は平日どうぞ!!

また施設的にはキャンプ場というか、ビーチなのでゴミ捨ては不可。予約も不可です。

まとめ

いかがでしたか?
ここのソロキャンパーの方達がすごくいい人だったのもあって、完全に好きになりました。

煙しか出てないのを見て、乾燥した木をくれたり、気さくに話しかけてくれたり。

自然を愛するものに、やっぱり悪い人はいませんね笑。

また、那覇から近く立地がいいのもここの特徴です。

沖縄まで旅行に来て、わざわざキャンプする人ってあんまりいないと思うので、何目線で締めたらいいのかよくわかりませんが(笑)

10月末まで海沿いで重装備なしでキャンプできるのはやっぱり沖縄です。

到着した日(10/25)は余裕で海にも入れました。

皆さんも綺麗な海の前でキャンプ、いかがですか?
それではまた!!

コメント